肥満度の基準と計算方法について

寝ている肥満の男性

肥満度についてはBMIと呼ばれる指標が一般的な基準として採用されています。
このBMIという言葉はボディマスインデックスの略称であり、体重を身長を二乗した数値で割ることで求められる数値のことを意味します。
この数値の大きさによって肥満度を計算によって割り出すことが出来るため、体格を知るための指標として基準とされることが多くなってきている数値であると考えられています。

このBMIは25以上の数値となると肥満気味であると判断されることになります。
この数値を示すような状態になると、慎重に対して体重が多すぎるということを意味します。
そのため積極的に体重を落とす努力をしなければ健康に悪影響があると想定される状態であると言えるでしょう。
逆に体重が少なすぎる場合にはBMIが小さな数字に変化して行きます。
およそ18.5未満の場合には痩せ偽であることを意味する状態になります。
最近では痩せていることの方が良いと考えられがちですが、現実的な問題として痩せすぎは肥満と同じように様々な問題を孕んでいる状態であると言えます。
そのため肥満度は下げれば下げるほど良いというものではなく、一定の基準内に収まっている状態を維持することが重要であると考えられています。
そのための方法として計算によるBMI値の算出には一定の意味があるのです。

標準値とされる計算上のBMInosuutiha 18.5~25未満であると考えられています。
しかしながらBMIがこの数値内であっても絶対に大丈夫とは言えません。
あくまでも計算上の数値でしかありませんので、隠れ肥満と呼ばれる体脂肪率の高い状態を的確に察知することは難しいと言えます。
そのため自分自身でしっかり管理する姿勢は絶対に必要であると言えます。

人気記事一覧
1
薬を飲む女性
内臓脂肪型の隠れ肥満について

2019年07月26日

(403 Views)

2
寝ている肥満の男性

肥満度の基準と計算方法について

2019年06月01日

(399 Views)