内臓脂肪型の隠れ肥満について

薬を飲む女性

隠れ肥満とは一見やせて見えて、BMIも基準値未満なのですが、体についている脂肪が多い状態を言います。

隠れ肥満には内臓脂肪型と皮下脂肪型とあります。
内臓脂肪型は検査しないとわからないことが多いことがあります。
内臓脂肪型の条件としてウエストの太さが男性85cm以上、女性90cm以上の場合、内臓脂肪型の隠れ肥満の疑いがあります。
これに加え体脂肪測定器とお腹周りのCTをとって最終的に判断します。

内臓脂肪型の肥満の場合、重い生活習慣病になりやすいので早期に治療を始める必要があります。
内臓の深い所に脂肪がついてしまっていると血液中の脂肪の濃度もあがってしまいます。
その結果糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化など恐ろしい病をひきおこすメタボリック・シンドロームになってしまう可能性が大いにあります。

内臓脂肪を減らすのに食事療法と運動療法はかかせません。
食事は動物性脂肪をできるだけ避けた食事が理想的です。
できれば和食中心の食事にして食物繊維や野菜、海藻類を中心にとると効果が上がります。
低カロリーのものを食べ、決して食べ過ぎない事です。

また運動は有酸素運動が効果的です。
ジョギングや軽いランニング、ウォーキングなどを中心に無理のない運動から始めます。
激しい運動はかえって体の負担が大きく、続かないので避けた方がよいです。
たとえば一駅先の駅まで歩くとか、エレベーターを使わないで階段を上るようにするとか日常生活のちょっとした工夫で十分運動になります。

一番よくないのが食事療法だけのダイエットをすることです。
食事療法のみだと脂肪と一緒に筋力も落ちてしまいます。
無理なダイエットをすると反動がきてしまい逆効果になりかねません。

人気記事一覧
1
薬を飲む女性

内臓脂肪型の隠れ肥満について

2019年07月26日

(301 Views)

3
寝ている肥満の男性
肥満度の基準と計算方法について

2019年06月01日

(297 Views)